TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
香瑠鼓
【職業】
振付家、アーティスト
【プロフィール】
早稲田大学卒 20年以上斬新で独創的な振り付けを第一線で手がけ、振付界随一のヒットメーカーの威名を持つ。Wink等でレコード大賞三年連続受賞。主な振付作品に「慎吾ママのオハロック」「グリコポッキー」等多数。作詞作曲も手がけ、その音楽と共に人と人を繋ぎ共振する事をテーマにしたワークショップを精力的に展開中。 2011年東大前期授業を、即興のオリジナルメソッドにより担当。 著書「ダンスでコミュニケーション」(岩波ジュニア新書)障がい児指導の軌跡がコミック「頬にかかる虹」(秋田書店)として発売。 2012年春、高陵社よりワークショップ体験談を基にした本を発売予定。 '00年エイボン女性年度賞芸術賞受賞。 '03年'08年朝日広告賞(朝日新聞社主催)審査員。 ワークショップ、レッスン随時受付、 オフィスルゥ(lou@lou.co.jp)までお問い合わせください。
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2011-10-17 (Mon)
即興力が必要な時
30年以上、振り付けをしつつ業界で第一線で活躍させていただいている。


振り付けしたCMの商品が売れるために、今までありとあらゆる企業の方と知り合う事ができた。


前年比何%あがったと、又、お願いされる事も少なからず、何時も自信過剰かもしれないが、当然!と思いつつ、心底良かったと嬉しくなる。


私を選んでいただいた方達の、良いCMを創ろうとした志の高さが成功を促し、一時だが、ありがたい仲間に心より感謝したい。


商品が売れる、CMの振り付けがヒットするのは、大衆である皆さんが、無意識に求めている時代の気分のようなもの、価値観、などを振り付けに込めているからだと思う。


ほとんどの人が感じる、もうすぐ表面化するが今は足りない何か…



それをキャッチするために、私は、まず受け取る事にしている。

時代、状況、場所、もちろん商品、監督のやりたい事、クライアントの意向、出演者の隠された魅力などなどである。


受け取るのは、大きな流れを感じながら、自分を出す為である。全体を把握しながら個人をだす…個性、哲学、生き方も含む。


CMの撮影の現場でも、客観と主観を切り替えていく。


前日に決定した振り付けを、撮影当日に急に変更する事がけっこうある。


どうしよう!?


何十人が心配し見守る中、全員が良いCMを創ろうとする過程にいる、目的は一つとまず信じる。


感情に惑わされず、緊張せず、即興力で創る。そして、感性の振り付けを、説明できる論理に置き換える。


例えば、ダイエットの効果、振り付けの意味、視聴者がすぐに覚えられるか、もちろん変更しなきゃいけない意図を理解し、これらの事を踏まえ数分で創る。


即興力で何時も切り抜けるので、振り付けの仕事に関しては何も怖くない。


即興力は芸術性だけでなく、日常生活で自己表現、コミュニケーション、決断力を増す。



私はバリアフリーワークショップを17年間やっている。


重度の障がい者施設で、寝たきりの方達を見た時に、踊りではなく、声で相手に振動を送りコミュニケーションしようと思いついた。どんな人でも生きる喜びが身体に内在されているはずだ。


形にとらわれずに、生きる喜びを共有したい想いが、即興のオリジナルメソッドになった。


あらゆる方と身体でつながり、指1本でもその人の自己表現になる。


その時、場所、人間、状況を受け取り、瞬間に全体にとって一番良い判断を選んでいく。


正解を求めて、勝ち負けで判断されたら、障がい者は不利だ。でも、全てが答えであり、たとえ不慮の事態になっても、見方を切り替えて助け合えばいい。


仲間は有機生命体のように相互作用し、助け合う。


今年は、前期東大の授業をゲスト講師として教えさせていただいた。


努力し、勝って東大に入った若者が13回の授業後、そのまま即興集団をつくってくれた。


全員ではないが、踊りながら、擬態語を操り、空間を感じ動いていく。


助け合い、自然に感動し、日常生活が豊かになる。


さて、どうしたら即興力が開花するか…これからこの欄で説明できるチャンスをいただけて、大変光栄だと感じている。
  10月の その他 リスト  
2011年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今までのコラム
人材・社員・経営者カテゴリ
(UTF8)