TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
高橋美紀
【職業】
中小企業診断士・社会保険労務士
【プロフィール】
1969年生まれ、静岡県出身。横浜市立大学商学部卒業後、農業関連団体、食品卸売会社、社会保険労務士事務所に勤務し、企画、総務、人事教育の業務を担当。途中、2度の出産退職も経験あり。その後独立し、現在は主に人事労務関連のコンサルティングや執筆、研修講師等を行っている。「全ての人が幸せに働ける社会」になることを願って活動中。
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2009-07-30 (Thu)
介護に関する助成金
少子高齢化が進む日本。しかし、介護に関するサービスは甚だ心許ないです。
「派遣切り」が相次いだ時期は、「介護には人が少ないから、そこに行けば」なんていう議論もありましたっけ。実際はそんなに簡単なものではないはずですが。

ただ、よくよく探してみると、あるんですね、そんな助成金が。
「介護未経験者確保等助成金」は、介護の業務のかかわったことのない人を雇い入れた場合に事業主に助成されるものです(雇用保険一般被保険者として雇い入れた場合で、1年以上継続して雇用することが確実であると認められる場合)

1人につき、6ヶ月間毎、25万円の受給が可能です(限度額があります)。
詳細はこちらをどうぞ。

他にも、介護関係の助成金はさまざまあります。

・介護基盤人財確保助成金
 介護関連事業主が、新サービスの提供にあたり、社会福祉士や介護福祉士やホームヘルパー(訪問介護員)1級など、高度のスキルを持つ人を雇った場合に助成されます。1人につき70万円。

・介護労働者設備等整備モデル奨励金
 介護労働者の身体的負担軽減や腰痛を予防するため、移動用リフトなどの機器を導入
した場合、その所要経費の1/2(上限250万)が助成されます。

・介護雇用管理制度等導入奨励金
 事業主が、介護労働者のキャリアアップ、処遇改善等のための各種人事制度を導入(見直し含む)し、かつ、採用・募集、健康管理等の雇用管理改善事業を実施した場合に、実施した事業経費の1/2(上限100万)が助成されます。

詳細はこちらへ。
<<前の記事   7月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今までのコラム
人材・社員・経営者カテゴリ
(UTF8)