TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
高橋美紀
【職業】
中小企業診断士・社会保険労務士
【プロフィール】
1969年生まれ、静岡県出身。横浜市立大学商学部卒業後、農業関連団体、食品卸売会社、社会保険労務士事務所に勤務し、企画、総務、人事教育の業務を担当。途中、2度の出産退職も経験あり。その後独立し、現在は主に人事労務関連のコンサルティングや執筆、研修講師等を行っている。「全ての人が幸せに働ける社会」になることを願って活動中。
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2009-06-23 (Tue)
サービズ残業の怖さ
前回に引き続き、残業ネタを。

最近、「サービス残業を社員が労働基準監督署に内部告発し、未払い賃金の支払いを命じられた」という話をしばしば耳にします。
いきなり数十万、企業規模によっては数百万の支払いが発生。これだけでも大打撃です。

さらに、未払い期間のタイムカードや賃金台帳をひっくり返して残業代を再計算しなければならなくなり、人事担当者は今度はその対応で忙しく、やはり残業続き(恐らく正規の賃金はもらっているのでしょうが・・・)
そして、内部告発の犯人探しで、労使関係はガタガタ。

サービス残業、怖いです。
「まともに支払っていたら会社がつぶれる」という声もありそうですが、雇われる側もインターネットの発達により、高度で専門的な知識を容易に得られるようになり、自分の権利を分かっています。

今ある制度に不満もあるかも知れませんが、企業はやはり法令順守で。何かコトが起こってからでは遅いですから。
<<前の記事   6月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2017年4月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今までのコラム
人材・社員・経営者カテゴリ
(UTF8)