TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
鈴木公明
【職業】
東京理科大学 知的財産専門職大学院 教授
東和知的財産研究所 所長
弁理士
【プロフィール】
1990年東京大学卒業、キヤノン(株)知的財産法務本部を経て特許庁入庁。制度改正審議室、特許・実用新案審査、意匠審査等を歴任後、2005年より現職。 2006年より不正競争防止法違反物品水際対策懇談会委員。 2007年弁理士登録。 2009年より東和知的財産研究所所長。 著書に『知的財産のデューデリ』(編著)、『特許価値評価モデル(PatVM)』(共著)、『知財戦略の基本と仕組み(編著)、『知財評価の基本と仕組み』、『IT知財と法務』(共著)、『知的財産の価値評価』、『工業所有権法逐条解説』(部分執筆)など。 論文、講演多数。
【所属】
東京理科大学/東和知的財産研究所
【性別】
男性
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2009-09-06 (Sun)
わが国における知的財産担保証券化の事例(1)
コンテンツの証券化

 2000年11月に、ゲーム制作会社コナミは、人気ゲームシリーズ「ときめきメモリアル(R)」の二つの新作の制作資金を調達するため、これらの販売収益を担保として、募集上限12億円の出資を、マネックス証券の独占的仲介により公募しました。
 世界初のコンテンツ証券化商品とされる「ゲームファンドTMときめきメモリアル(R)」は、最低投資額10万円の個人向け小口商品であり、コナミは、募集により約7.7億円を調達し、一方投資家は、二つの新作ゲームの出荷本数に応じた収益を分配されるものです。

スキーム

 証券化のスキームは、 まず@投資家は、受益証券と引き替えにファンドに出資します。Aファンドは、主としてケイマン法人ときめきカンパニーが発行する利益参加型社債(ケイマン諸島法準拠)に、信託財産を投資します。Bときめきカンパニー(出資者)は、コナミ(事業者)と匿名組合契約(商法第535条)を結び、匿名組合出資を行います。Cときめきカンパニーは、コナミの販売事業に基づくゲームソフトの出荷本数に応じて定まる、営業支払金の分配を受けます。Dときめきカンパニーが受ける営業支払金は、一旦、バミューダ・トラスト(ファーイースト)リミテッドに開設された、ときめきカンパニーの口座に、コミングリング(注)を避けて預託されます。Eときめきカンパニーの利益に応じて、社債の元利金がファンドに償還されます。そして、Fファンドが得た社債の元利金に応じて、投資家の受益権が償還されることにより、コナミの営業実績が、間接的に投資家の収益に反映されます。
 同様のスキームは、我が国初の会社型不動産投資信託であるジェイ不動産証券投資法人にも見られますが、コナミの事例は、資産流動化法及び投信法の施行(2000年11月30日)前の制約 に対処するため、ケイマン諸島法及びバミューダ法に基づくスキームとして計画されたものです。

脚注 commingling; 特定の資産が、他の資産と混合し、特定できなくなること
<<前の記事   9月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2009年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
今までのコラム
売上アップカテゴリ
(UTF8)