TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
鈴木公明
【職業】
東京理科大学 知的財産専門職大学院 教授
東和知的財産研究所 所長
弁理士
【プロフィール】
1990年東京大学卒業、キヤノン(株)知的財産法務本部を経て特許庁入庁。制度改正審議室、特許・実用新案審査、意匠審査等を歴任後、2005年より現職。 2006年より不正競争防止法違反物品水際対策懇談会委員。 2007年弁理士登録。 2009年より東和知的財産研究所所長。 著書に『知的財産のデューデリ』(編著)、『特許価値評価モデル(PatVM)』(共著)、『知財戦略の基本と仕組み(編著)、『知財評価の基本と仕組み』、『IT知財と法務』(共著)、『知的財産の価値評価』、『工業所有権法逐条解説』(部分執筆)など。 論文、講演多数。
【所属】
東京理科大学/東和知的財産研究所
【性別】
男性
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2009-09-06 (Sun)
海外における商標権、特許権の証券化
商標権の証券化

 1993年にカルバン・クラインは、償還期間七年の証券化ローンにより、5,800万ドルを調達しました。この証券化ローンは、カルバン・クライン商標の独占的使用権に基づく既存の、及び将来の香水商品に関するロイヤルティ収益により返済することとされていました。知的財産権に基づく将来収益に対する信用を背景とするファイナンスとしては、最も初期の事例です。

特許権の証券化

 イェール大学は、エイズ治療薬特許に関する、ブリストルマイヤーズスクイブからのライセンス料債権を原資産とする証券化により、約1億ドルを調達しました。ライセンス収入のうち、発明者に報奨金を支払った残りの七割を債務の返済にあてることとしています。原資産の信託を受けたSPCは、5,715万ドルの上位ローン、2,200万ドルのメザニン・ローン、2,116万ドルの株式を発行して、投資家からの資金を集めました。それぞれのローンを返済した残額が株式への配当に回されますので、株式部分はローンに対する超過担保という位置づけになります。

複数の知的財産などの証券化

 2001年1月にFFIフレイグランセズは、半年毎の確定利払い、2011年償還予定の1億6000万ドルの証券化債券を発行しました。優先・劣後スキームにより、ムーディーズの格付けでB1を獲得しています。原資産には、ユニリーバから買収するエリザベス・アーデン事業に関連する商標権、商号、著作権、特許権及び他の全ての知的資産、そして米国内の関連設備が含まれています。これは、別の言い方をしますと、獲得予定の(まだ獲得していない)他社事業に関連する知的財産を担保にして資金を調達し、それを元手にその事業を買収するLBO(レバレッジド・バイ・アウト)の手法を知的財産に適用した、ということになります。事業買収と前後してFFIフレイグランセズは、社名をエリザベス・アーデン(Elizabeth Arden, Inc.)に変更しました。
<<前の記事   9月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2009年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
今までのコラム
売上アップカテゴリ
(UTF8)