TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
池田秀敏
【職業】
仕事の可視化コンサルタント
【プロフィール】
流通業界に身を置きつつ夜学でCOBOLプログラミングを習得。汎用機での生産管理や、 販売・顧客管理などのシステム開発に参加し構造化プログラミングを体験する。 その後、配管CADシステム開発に転じ、設計仕様を文章で正確に分かりやすく書く ことに限界を感じ、複雑な内容でも全体から俯瞰でき細部に進める図解の可能性を実感する。 平成元年に上流工程を専門とするフリーランスのシステムエンジニアとして独立。 システム化への顧客の要求を図解することから始め、図解を使った仕事の仕組みの可視化、 作業効率の向上に取り組むようになる。 現在は、仕事の可視化コンサルタントとして講演・コンサルティングを精力的に行っている。
【趣味】
山菜採り、山歩き、ビール
【血液型】
A
【所属】
有限会社 テオリア
【性別】
男性
【住所】
新潟県 上越市
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2009-12-12 (Sat)
どちらにアドバイスしたいですか? 
画像
どちらにアドバイスしたいですか?

あなたは、どっちにアドバイスしたいと思いますか?
好感をもたれるのは..どっちでしょうか?

部下や後輩の顔を見て、
アドバイスを躊躇したことはありませんか?
言っても無駄だろうなと思ったら、誰もアドバイスしません。

せっかく本人のためを思った行為も
行為が無駄になる場合どころか
 ・余計なお世話
 ・恨まれる
ということも頭に浮かびます。


あなたは、どっちにアドバイスしたいですか?

----------------------------------
■ 知恵と協力が集まる人
----------------------------------
どんどんアドバイスが集まる
取り巻く環境が好転していく..善循環

  ・素直に受入
  ・明るい表情
  ・感謝の態度
  ・真剣に取り組む

----------------------------------
■ だんだんと相手にされない人
----------------------------------
だんだん人が離れていく
自分の可能性が狭まって..不満の悪循環

  ・意地っ張り
  ・暗い顔で
  ・不満があふれ
  ・いい加減な行動




最も大切なことは...
「自分の力の半分は他人の協力で成り立っている」
ということです。

好意を持って協力してもらえる人と、
「仕事だから仕方がない」と思われている人と、
どちらが良い仕事ができるでしょうか?
責任のある仕事が任されるでしょうか?
仕事の手応えを感じることができるでしょうか?


誰からも協力してもらえる人、アドバイスしてもらえる人に
なりたいと思います。

誰も、喧嘩を売ろうとして注意やアドバイスをする人はいません。
関心がなければ黙っていれば良いのです。
言葉をかけるのは愛情がある証拠です。

厳しい注意ほど「自分を伸ばすチャンス」と考えて素直に受け入れましょう!


---------------------------------------------
図解:改善ニュース会員募集(無料)
改善に関する図解画像の付いたWORD文書(A4縦解説付き)会費無料で、自由に取り込めます。
詳細は http://www.re-biz.org/05mailkz/newsmem.html
---------------------------------------------
<<前の記事   12月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2009年12月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今までのコラム
売上アップカテゴリ
(UTF8)