TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
池田秀敏
【職業】
仕事の可視化コンサルタント
【プロフィール】
流通業界に身を置きつつ夜学でCOBOLプログラミングを習得。汎用機での生産管理や、 販売・顧客管理などのシステム開発に参加し構造化プログラミングを体験する。 その後、配管CADシステム開発に転じ、設計仕様を文章で正確に分かりやすく書く ことに限界を感じ、複雑な内容でも全体から俯瞰でき細部に進める図解の可能性を実感する。 平成元年に上流工程を専門とするフリーランスのシステムエンジニアとして独立。 システム化への顧客の要求を図解することから始め、図解を使った仕事の仕組みの可視化、 作業効率の向上に取り組むようになる。 現在は、仕事の可視化コンサルタントとして講演・コンサルティングを精力的に行っている。
【趣味】
山菜採り、山歩き、ビール
【血液型】
A
【所属】
有限会社 テオリア
【性別】
男性
【住所】
新潟県 上越市
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2011-04-07 (Thu)
「図解の技術を覚えたい..」を整理すると..
画像
「図解の技術を覚えたい..」を整理すると..
こんな理由が多いのです。
 ・企画書づくりに困っている
 ・頭の中にあるアイデアを図解したい
 ・図解をすれば何とかなるのではないか
 ・図解をすれば分かりやすくなって伝わるはず
 ・手っ取り早く図解を使えるようになりたい

では、図解すれば解決するのでしょうか?


これらを整理すると
 --------------------------
 ■図解すれば
  ・企画書ができる
  ・アイデアがまとまる
  ・何とかなる(解決できる)
  ・分かりやすくなる
 
 だから..
  ・図解できるようになりたい
  ・簡単に図解を覚えたい
 --------------------------

と言うように考えられています。

果たして、図解は解決のための特効薬になるのでしょうか?



こんな相談を受けることがあります。

1.池田さん流に図解すると、どうなる?
 会社の新しいコンセプトをまとめたので見て欲しい。
 アイデアも浮かばないし、上手く表現できていないので、
 池田さん流に図解したらどうなるだろう?
 

2.枠を埋めると完成するテンプレートは無いか?
 池田さんの持っている図解の中でコンセプトをまとめる
 テンプレートがあれば使わせて欲しい。
 空欄を埋めることでコンセプトが完成させられたら嬉しい
 ありませんか? 
 たくさんあると言っているのに、無いんですか〜?!



1番目では..
このような場合の多くは、
 ・過去のコンセプトの焼き直しを書いています
 ・これまでやってきたことを書いているだけです
 ・相互の関連や整合性も取れていません
 ・これから何をしたいかが何もありません
だから、何も伝わってきません。

会社の新しいコンセプトのはずなんですが..
どこに新しさや未来があるのか???


 ■問題は
  未来を創る為のコンセプトなのに
  未来をどうしようか考えている時間が少ないのです
  過去をまとめても未来は見えてきません

図解すれば「何とかなるのでは?」と未来の設計図の
大元となるコンセプトを丸投げしようとしているのです。


私のように、外部の支援者と言う立場なら、相手の感情を
逆立てないようにやんわりと断ることができます。

でも、社内の企画担当だったらとしたら?どうでしょうか..
上司である社長に、「俺の創ったコンセプトを上手く表現しろ!」と
命令されたら困ったことになります。断れません。

表現するべき内容が固まっていないのに..
表現をしなければならないのです。
本当に困ったことになります。
上手くできないと、いつまで、何をやっているんだ..
期待したのに、もっと頑張って欲しいと言うように
自分にとっては理不尽な要求をされます。
社長にしたら、頑張って欲しいと叱咤激励です。


私も、若いころたくさん失敗しました。

中途半端な内容の文書を受取り、書いてはダメ、直してはダメ、
なぜかと言うと、こっちがその会社の新しいコンセプトを作成しているのです。
新しいコンセプトは社内でじっくり検討するべき内容です。
それを外部の人間が表現する作業として請負っているのですから「無理があるのです。
それも、社内でじっくり検討する程度の時間をかけないで、
中途半端な状態の原稿を元にしてですから無謀なのです。

でも、依頼側の社長は「表現」を依頼しているつもりです。

依頼していると考えている内容と、
成果物を産出すために必要となる行為が一致していないのです。

 依頼側:表現を依頼した
 受注側:表現する内容が未完成なので、内容構築が必要

もう仕事にはなりません。



2番目では..
このような場合の多くは、
 ・ほとんど何も、新しいことを考えていません
 ・過去の資料を、集めているだけです

会社の新しいコンセプトのはずなんですが..
どこに新しさや未来があるのか???


 ■問題は
 テンプレートの空欄を埋めれば完成すると考えています
  でも、テンプレートを埋める情報がありません
  目的に対して、方法論が間違っているのです


困ったことに..
池田さんは、たくさんの図解を持ってるんでしょ..
そんなテンプレートも無いんですか?、へえ〜
..となってしまうことです。
まあ、そう考える人もたくさんいると思います。

本人は良いテンプレートがあって、その空欄を埋めれば
しっかりした内容で分かりやすいドキュメントが作成できると
思いこんでいるのです。
それを崩す意味があるかどうか..

良いテンプレートがあればを突き詰めると..
 ・良いテンプレートがあれば、上手く表現できる
 ・良いチェックリストがあれば、漏れなく取材できる
 ・チェックリストで得た情報をテンプレートに埋めれば..

もし、これで誰でも分かりやすく価値あるドキュメントを
作成できたとしたらどうなるでしょうか?
誰でも簡単にできたらどうでしょうか?

頭で考える必要が無くなるのですから、誰でもできます。
そうなると「あなたでなくても良い!」となります。
当然、よりコストの安い人に移って行きます。


こんなことは起こりません。

テンプレートは、考える参考や表現の参考にはなります。
でも、考えないで空欄を埋めようと頑張っていては、前に進みません。
考える・まとめる技術として図解を考えてもらえれば良いと思います。



結論は..
「図解は解決の特効薬ではない」のです。

手っ取り早く図解できる技術ありません。
図解は解決の駆け込み寺にはなりえないのです。



これからのビジネスは、頭で考えたことで
差別化優位を勝ち取る競争です。

改善や新規プロジェクトでは企画書が必要となり、
営業は提案書でプレゼンを勝ち抜く必要があります。


図解は、思考(思ったこと・考えたこと)を、
「まとめ・伝える」ための、

 ・主張の設計(主張を体系的に組立てる)
 ・表現の技術(分かりやすく表現する)

です。

企画書・提案書・プレゼン資料を差別化するために
「図解」を役立ててもらえたら嬉しいです。


---------------------------------------------------------
2011.04.09 五反田で開催される
「東北関東大震災復興応援イベントに」参加します。
テーマは、「あなたの才能をオークションにかけませんか?」とのこと...
私にできることは「図解」です。
私が、PCを持込んで、あなたの隣で、
あなたの企画書やプレゼン資料や研修コンテンツを図解します。
図解の仕方も個人教授します。1日お伺いします。
オークションされた金額は義援金となります。

詳細は、http://www.teoria.co.jp/20110409/index.html 
---------------------------------------------------------
<<前の記事   4月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2011年4月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今までのコラム
売上アップカテゴリ
(UTF8)