TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
池田秀敏
【職業】
仕事の可視化コンサルタント
【プロフィール】
流通業界に身を置きつつ夜学でCOBOLプログラミングを習得。汎用機での生産管理や、 販売・顧客管理などのシステム開発に参加し構造化プログラミングを体験する。 その後、配管CADシステム開発に転じ、設計仕様を文章で正確に分かりやすく書く ことに限界を感じ、複雑な内容でも全体から俯瞰でき細部に進める図解の可能性を実感する。 平成元年に上流工程を専門とするフリーランスのシステムエンジニアとして独立。 システム化への顧客の要求を図解することから始め、図解を使った仕事の仕組みの可視化、 作業効率の向上に取り組むようになる。 現在は、仕事の可視化コンサルタントとして講演・コンサルティングを精力的に行っている。
【趣味】
山菜採り、山歩き、ビール
【血液型】
A
【所属】
有限会社 テオリア
【性別】
男性
【住所】
新潟県 上越市
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2010-06-28 (Mon)
「強み」には、発見と育成が必要
画像

「強み」には、発見と育成が必要


充実した未来を創るには2つのアプローチが必要です。
大切なことは、
 ・自分の中にある「強み」の「種」を見つけることと、
 ・計画的に育て競争力を高めることです。

そして、「強み」は自分の成長とともに変化していくのです..

個人なら、年齢や経験で自分の「軸」となる「強み」の変化します、
それが人生の節目となって現れます。


これからは、個人にとっても会社でも..
その存在意義を明確にし、他との差別化を考えていくことが必要です。

何でもやります、頑張ります、一生懸命..
というような精神論の言葉を並べても、
その人や会社の独自性を表現することはできません。

みんなと同じことを、同じようにやっているだけでは、
その他大勢の中に埋没してしまいます。



そのために、以下の2つのアプローチが必要です。

   --------------------------------
    発 見
   --------------------------------
    ・探す、考える
    ・自分を深堀する
    ・他人から「気づき」をもらう

   強みは自分の中にあります。
   明瞭に意識しないと
     ・自分の存在意義を明確にできません
     ・他の人と何が違うかを伝えられません
   
   自分には分からなくても
   他の人に気づかされる場合があります。

   「強み」は自分の未来を充実させる「種」になります。
    
   強み発見は... 強み引き出し研究所へ
http://www.rumours.co.jp/


   --------------------------------
    育 成
   --------------------------------
   ・行動し学び育てる
   ・計画的に構築する
   ・他人の助けで大きく伸びる

  強みを発見した.
  でも、それだけでは高い競争力をもつことは稀です。
  高い交換価値をもつ
     ・商品化をすることが必要です
     ・商品の価値を高めることが必要です

  「強み」の育成には、自分の哲学や生き方に共鳴した人と
  苦言をもらうことで反省、チャンスをもらうことで広がります。
  相互に助け合うことで成長させることができるのです。

  強み育成は... 自分商品化プロジェクトへ
http://www.re-biz.org/08syouhin/index.html



会社でも、個人でも「強み」を明確にすることが必要な時代となりました。
それは、過去の仕事のやり方で「一生懸命」だけではだめなのです。

これからは...
会社が仕事を考えるときも
個人が人生を考えるときも
過去の価値観で生きていくことはできません。
誰かの真似をしても幸せにはなれません。

自分は
 ・何者なの?
 ・何ができるの?
 ・それに、価値があるの?
と、常に問われます。
会社も同じです。

誰かが持っている答えを探しても見つかりません。

自分の
 ・成功を定義し
 ・条件を選び
 ・ルールを決める
人真似では、できません。

自分で、自分の仕事や前提条件までも「クリエイト」することが
必要となります。

「クリエイト型」の詳細へ
http://www.teoria.co.jp/70zukai/20091128/index.html





なぜ、「クリエイト型」の解説を入れたかと言うと..

自分の
 ・成功を定義し
 ・条件を選び
 ・ルールを決める

これを決める土台は...自分の「強み」です。

それは明瞭になっていないと
 ・他人のまねをしたり
 ・お金が..儲かればいい..
というようなことからスタートしてしまいます。

そして、人まねやお金を基準に考えたことは、上手くいかなくなると..
すぐに諦めるようになります。

長く続けられないと...
知識や経験の蓄積ができないので高い競争力がつきません。



そして、もうひとつ大切なことがあります。

それは、「強み」は変化するということです。
今、自分の強みは「○○だ!」と決めたとしても、
5年、10年で自分の「強み」は変化していくのです。

何年も、一生懸命に考えて行動していくと...
たくさんの知識や経験が蓄積されます。
仕事や人間関係の幅が広がります。

自分の選んだ環境は、どんどん変化し自分に影響を与えてきます。


その結果...
その中心の「軸」が移動していきます。
それは「強み」の変化でもあります。

人生の時々で、立ち止まって問いなおす時間を持ちましょう。

自分の強みを発見し、育成するということを意識することで、
自分の将来の可能性は大きくなります。


強みの「種」は自分の中にある、
そして計画的に育てないと競争力を持たないのです。

お互いに頑張りましょう。


それと..

このページの2つの図解シートをPDFでプレゼントします。
「強み図解希望」として、
  ・会社名
  ・氏名
  ・メールアドレスを
書いてメールでお申込みください。
2枚のPDFデータをメールに添付してお送りします。

hidetoshi@teoria.co.jp  有限会社テオリア 池田
<<前の記事   6月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2010年6月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
今までのコラム
売上アップカテゴリ
(UTF8)