TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
片桐 明
【職業】
株式会社コストダウン
代表取締役
【プロフィール】
1963年京都市生まれ。
同志社大学 卒業。
コンサルティング会社  (株)日本エル・シー・エーで20年間コンサルティングに携わる。
2006年独立。
株式会社コストダウンを設立。
企業の経費削減に専門特化したコンサルティング(成功報酬制)を実施。
206社で年間、約2億3千万円のコストダウン実績。(1社当たり平均115万 円)
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2018-02-13 (Tue)
経営者たるもの公私混同してはならない 永守重信
 10日、日経電子版で配信されました。

 田村 賢司氏の著作「日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方」から再構成されたものです。

 永守の嫌いなもの。それは公私混同である。もちろん、多数ある経営者としての戒めの一つだが、激しく嫌っていると言っていい。

 会社に損をさせること自体が許せないし、あり得ないという思いの強さが大きい。小は不必要な会食から、中と大は社有車にしながら実態は自家用車、社宅としながら事実は社長宅といったものまで・・・。しかも、それぞれ高級・豪華なものにするに至っては論外を超えている。

 企業を強くするには、正しい姿を把握することが何より大事である。

 ぎりぎりまでコストを抑え、生産性を上げて生み出したものが利益である。

 それを途中で、公私混同のコストが入り込むようでは、企業の本質的な強みなど見えなくなるし、改革もできない。そもそも、企業の利益は社員の努力の結果でもある。オーナー経営者であろうとも、それを私物化することはおかしい。永守に言わせれば、そうした行為はばかげているし、経営者としては自殺行為である。

 だから、社員と頻繁に繰り返す会食も、永守はポケットマネーで払う。ただし、豪華弁当は一切なし。普通の適正なものである。

 それは「自分のカネで払うから社員が信用してくれる」(永守)と見るからだ。

 経営者が会社のカネで、社員を豪華なレストランや高級クラブにでも連れて行けば、「社長は自分一人でもいい思いをしているに違いない」と思われる。

 そんな状態で「利益を最大化するために、コストを削減しよう。もっと頑張れ」と号令をかけても、見えないところでは舌を出す。

 永守はそれを知っている。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。
  2  
2018年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今までのコラム
経費・コスト削減カテゴリ
(UTF8)