TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
片桐 明
【職業】
株式会社コストダウン
代表取締役
【プロフィール】
1963年京都市生まれ。
同志社大学 卒業。
コンサルティング会社  (株)日本エル・シー・エーで20年間コンサルティングに携わる。
2006年独立。
株式会社コストダウンを設立。
企業の経費削減に専門特化したコンサルティング(成功報酬制)を実施。
206社で年間、約2億3千万円のコストダウン実績。(1社当たり平均115万 円)
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2017-10-17 (Tue)
格安スマホ「使っている」6割超
 5日の日経電子版に掲載されました。

 格安スマートフォン(スマホ)を使ってみたいかどうかを電子版の読者に聞いたところ、すでに使っている人が6割を超えた。その多くは「料金が激減した」(70歳、男性)と料金面での満足度が高い結果となっています。

 また、ガラケーと呼ばれる携帯電話と格安スマホとを「2台持ち」(65歳、男性)する読者も少なくありませんでした。

 格安スマホのメリットでは、9割超の読者が「通信料金が安い」ことを挙げた一方で、デメリットについては「ショップでのサポートが期待できない」や「設定などでユーザーの負担が大きい」などと評価が分かれました。

 ただ、「デメリットはなし」(65歳、男性)として「その他」を選んだ読者も多く、格安スマホの利便性の高さが浮き彫りになりました。

 格安スマホを使うきっかけは、やはり通信料金の安さのようです。

 「スマホが出た当初から通話料金の高額さに嫌気をさし、スマホ持つのをためらっておりましたが、MVNOが出だしてからすぐに飛びつきました」(45歳、男性)

 このMVNOというのは、"Mobile Virtual Network Operator"の頭文字を取った略語で、日本語では「仮想移動体通信事業者」と訳しています。

 これは、キャリアと呼ばれるNTTドコモやKDDI(au)などの大手携帯会社の回線を借りて、独自の通信サービスを提供する事業者を指し、格安スマホ事業に参入しているほとんどが、このMVNOです。

 中には「既に5年間使っております」(22歳、男性)とする愛用者もいて、「4年前から格安スマホを使っています。当初は貧弱なスペックに不便を感じていましたが、今は端末もサービスも飛躍的に使いやすくなっていて、経済的メリットを享受しています」(62歳、男性)と、格安スマホの技術の進歩を味わっている様子もうかがえました。

 ただ、格安スマホを扱う業者が乱立するなか、「キャリアに比べて通信速度は圧倒的に劣るが困るほどではない。複数社のSIMを利用しているが、事業者によってピーク時の通信速度の品質に雲泥の差があるので事前リサーチは重要」(38歳、男性)とのアドバイスを寄せた読者も。

 なお、格安スマホは「格安スマホ」という商品名で販売しているわけではありません。格安スマホとして利用するには、MVNOが展開するいわゆる「格安SIMカード」とそれを使えるスマホを用意する必要があります。

 SIMカードとは、携帯電話の利用に必要な電話番号や契約内容を記録したICカードのこと。これを差し替えることで通信会社を変えて利用することが可能になります。

 ドコモの端末であれば、手持ちの端末に格安SIMを使うことで格安スマホとして使用することができるようになります。それ以外の端末であれば、格安SIM用の端末を購入する必要があります。

 なお「いまもこれからも使ってみたくない」(9.1%)と答えた読者からは「キャリア各社が料金体系の見直しや簡素化をして安くすればいいだけの話」(32歳、男性)として、キャリア各社の努力を促す意見も寄せられました。

 格安スマホのメリットとしては、「通信料金が安い」ことが断トツでした。

 「料金はこれまで月約7,500円から8,000円くらいだったのが、2,500円位に下がった」(62歳、男性)

 「通話はほとんどしないので、ガラケーに任せ、格安スマホはデータ通信のみで利用中、月額約500円。2台持ちで、月額約2,000円」(59歳、男性)

 中には「維持費が安いので、雀(すずめ)の涙のお小遣いからでも支払える!その分を飲み代に捻出できるって素晴らしい!」(38歳、男性)との喜びの声も。

 さらに「格安スマホという名前が不適切。大手携帯電話会社を割高スマホと呼ぶべきだ」(34歳、男性)との提案もありました。

 一方、デメリットについては、「その他」(25.6%)と答えた読者がもっとも多く、そのいくつかコメントを紹介します。

 「気を付けないと、通話料金が高くつく。通信速度が渋滞する時間帯が結構ある」(45歳、男性)

 「Jアラートや緊急地震速報等の安全情報が提供されない場合があり、生活インフラとしては軽視されていて貧弱」(43歳、男性)

 「通信速度が遅い時間帯がある。地下鉄や人が集まっている駅で使い物にならないぐらい遅くなる時がある」(45歳、男性)

 「LINEの年齢認証ができない」(33歳、男性)

 一方で「特に無い」という読者(36歳、男性)からは、「この選択肢が用意されていないことは、不備があると思います」とのご指摘もいただきました。

 これほどまでに、格安スマホの読者満足度が高いことを予想できず、失礼しました。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。
<<前の記事   10月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今までのコラム
経費・コスト削減カテゴリ
(UTF8)