TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
片桐 明
【職業】
株式会社コストダウン
代表取締役
【プロフィール】
1963年京都市生まれ。
同志社大学 卒業。
コンサルティング会社  (株)日本エル・シー・エーで20年間コンサルティングに携わる。
2006年独立。
株式会社コストダウンを設立。
企業の経費削減に専門特化したコンサルティング(成功報酬制)を実施。
206社で年間、約2億3千万円のコストダウン実績。(1社当たり平均115万 円)
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2017-06-20 (Tue)
ヤマトの宅配便 昼時間指定、廃止 大型荷物、最大6割値上げ
 昨日(19日)の日経朝刊 第5面に記事掲載されました。

 宅配最大手のヤマト運輸は昨日(19日)から従業員の働き方改革で決めた宅配便の時間帯指定サービスの変更を実施します。

 昼の時間帯指定を廃止し、従業員が昼食休憩を取りやすくすると同時に宅配便の規格より大きい荷物を配送するサービス「ヤマト便」を最大6割値上げします。荷物量を抑制、サービスの維持を目指します。

 時間帯指定サービスは従来、営業時間内の6つの区分から、荷物を届けてもらう時間帯を選べました。このうち「正午〜午後2時」を廃止します。この時間帯を指定する人は比較的少ないが、従業員が業務に拘束され休憩を取りづらくなっていました。

 最も遅い時間帯の「午後8〜9時」は「午後7〜9時」に変更します。帰宅後に荷物を受け取るために夜間を指定する人は多く、配送が集中していました。時間帯の幅を1時間から2時間に広げて、作業の負担を和らげます。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。
 
 参照:

 ヤマト運輸 ニュースリリース
 『2017年度「デリバリー事業の構造改革」について』
 http://www.yamato-hd.co.jp/news/h29/h29_11_01news.html
  6  
2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今までのコラム
経費・コスト削減カテゴリ
(UTF8)