TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
片桐 明
【職業】
株式会社コストダウン
代表取締役
【プロフィール】
1963年京都市生まれ。
同志社大学 卒業。
コンサルティング会社  (株)日本エル・シー・エーで20年間コンサルティングに携わる。
2006年独立。
株式会社コストダウンを設立。
企業の経費削減に専門特化したコンサルティング(成功報酬制)を実施。
206社で年間、約2億3千万円のコストダウン実績。(1社当たり平均115万 円)
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2017-04-25 (Tue)
ヤマト、9月にも5から20%値上げ 消費者向け27年ぶり、大口は上げ幅大きく
 本日(25日)の日経朝刊 トップに記事掲載されました。

 宅配最大手のヤマト運輸は昨日(24日)、9月にも宅配便の基本運賃を5〜20%引き上げる方針を固めました。

 消費者が対象となる値上げは消費増税時を除くと27年ぶりとなります。インターネット通販会社など割引を適用する大口顧客にはさらに大きい値上げ率を求めます。値上げで得た資金を働き方改革や人材の確保に充て、宅配サービスの維持を目指します。

 宅配便で5割のシェアを握るヤマトの値上げは人手不足を理由としたサービス業の値上げを誘発する可能性があり、国内の物価動向に影響を与えそうです。ネット通販会社が消費者に転嫁したり、当日配送などのサービスを縮小したりするとの見方もあります。

 定価に当たる基本運賃は荷物の大きさと発着地ごとに定めるベースとなる料金で、今回の値上げ幅は距離には関係なく、荷物の大きさで決めます。荷物が小さい場合は1個当たり約150円、大きい場合は同200円程度を段階的に上乗せします。

 値上げ率は5〜20%程度となり、距離が近く荷物が小さいほど値上げ率が大きくなります。例えば、3辺の長さの合計が60センチメートル以内で重さが2キログラム以下の荷物を関東から関東に送る場合、料金は現在の税抜き700円から同850円程度と20%程度高くなる見込みで、実施時期は9月とする方向です。

 消費者を含めた全顧客が対象となる値上げは、1990年に平均8%上げて以来、27年ぶりとなります。荷物を1回目の配達で受け取るなど、再配達削減に協力する消費者向けに新たな割引制度を設ける考えも盛り込みます。

 ヤマトが値上げの本丸に据えるのは、全体の9割を占め基本運賃を大幅に下回る割引料金を適用するネット通販会社のアマゾンジャパンなど大口顧客向けです。大口顧客には基本運賃よりも大きな値上げ幅を求め、9月末までの合意を目指し交渉を進めます。折り合わない場合は荷受け停止も辞さない構えです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。
<<前の記事   4月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今までのコラム
経費・コスト削減カテゴリ
(UTF8)