TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
片桐 明
【職業】
株式会社コストダウン
代表取締役
【プロフィール】
1963年京都市生まれ。
同志社大学 卒業。
コンサルティング会社  (株)日本エル・シー・エーで20年間コンサルティングに携わる。
2006年独立。
株式会社コストダウンを設立。
企業の経費削減に専門特化したコンサルティング(成功報酬制)を実施。
206社で年間、約2億3千万円のコストダウン実績。(1社当たり平均115万 円)
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2016-12-06 (Tue)
雇用保険料0.6%に下げ 2017 〜19年度、合計1兆円軽減
 27日の日経朝刊 第3面に記事掲載されました。

 財務・厚生労働両省は労使が折半する雇用保険料を2017年度から2019年度までの3年間、賃金の0.8%から0.6%に引き下げる方針です。
 この引き下げで、会社員と企業の負担を合計で年3,400億円程度軽くします。3年間の軽減額は合計1兆円規模になります。

 雇用保険の積立金は景気回復による雇用情勢の改善で過去最高の6.4兆円規模に達しています。積立金が潤沢なため保険料の引き下げを通じて、個人消費や設備投資の活性化に少しでもつなげたい考えです。12月に開く厚労省の労働政策審議会で決定し、2017年度予算案に盛り込みます。

 年収400万円の会社員なら年4,000円程度の負担減が見込まれます。厚労省は引き下げ幅を3年間継続することも決め、長期にわたり家計を支援する姿勢を明確にします。企業側も年間1,700億円程度の負担減となるため、設備投資や賃上げの加速が期待されます。

 国の負担も軽減します。失業手当への国庫負担割合も2019年度までの3年間は現行の13.75%から2.5%に引き下げます。1,200億円規模の軽減となり、安倍政権が「一億総活躍」として重視する保育士や介護士の待遇改善などの財源に充てます。保育士は賃金を2%上げ、職務経験によって月額4万円を上乗せします。

 雇用保険の積立金は失業した場合の給付に加え、育児休業や教育訓練などへの給付にも活用されており、4兆円程度の積み立てが適正水準とされてきました。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。
<<前の記事   12月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今までのコラム
経費・コスト削減カテゴリ
(UTF8)