TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
山本 直人
【職業】
株式会社ドリコムにて社内ブログソリューション「ドリコムブログオフィス」の販売を担当
【プロフィール】
1978年生まれ。九州大学経済学部経済工学科卒業後、2001年に大手インターネット関連企業に入社。
インターネットプロモーションの企画営業を担当。
その後、2002年に人材開発トレーニング会社にて企業の人材教育研修の提案営業・企画業務を経て、2005年6月株式会社ドリコムに入社。社内ブログ「ドリコムブログオフィス」の営業責任者となり現在に至る。
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2007-09-07 (Fri)
社内Second Life !?
以前、「Enterprise2.0」に関する記事の中で、『Enterprise2.0は、従来の企業情報システムにweb2.0的要素を組み込んだものだ』ということを書いたと思います。

これまでは社内SNSやブログといった、比較的知られているツールに関してご紹介してきましたが、今回はちょっと変わりダネなサービスをご紹介しようと思います。


少し前なのですが、IBMが自社の製品展示会において以下のようなサービスを公開して話題になりました。

「SOAはゲームで学べ −IBMの『Innov8』がお披露目」


遂に、オンラインゲームの要素までもが社内ツールに導入されたかというところですが、IBMはマネジメントやIT知識の教育の為に、同サービスを立ち上げるようです。

このサービスも、一見バカバカしいようにも思えますが、単なる社内コミュニケーション・ツールの枠を越えて、他部署間・世代間で様々なナレッジを共有していくきっかけになるかも知れません。

IT技術者であってもマネジメントの知識が必要な場合は多いだろうし、逆にマネジメントがITに関して無知だと、正確な意思決定ができない。

そのギャップを、「ゲーム」という、特に若い世代にとっては受容しやすい形で埋めていくというところに、「社内Second Life」の可能性を感じます。
(もちろん、色々と問題はあると思いますが…苦笑)


昨今、日本でも団塊世代の大量退職時代を迎え、いかにして組織の中で「知識」や「ノウハウ」を共有していくかが問題となっています。

“我慢が足りない”と言われる最近の若手社員を動かすには、おじさんの「蘊蓄」や「お説教」よりも、案外「ゲーム」の方が効果的かも知れませんね。苦笑
<<前の記事   9月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2007年9月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今までのコラム
IT・情報化カテゴリ
(UTF8)