TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
児玉尚彦
【職業】
(株)経理がよくなる 代表
【プロフィール】
1995年児玉税務会計事務所、1999年「(株)経理がよくなる」を設立。経理業務の改善で数々の成果実績をあげる。信用保証会社の審査委員を経験し、1000社以上の決算書を分析。勝ち残る会社と消えていく会社の違いを研究した結果から、キャッシュフロー経営の重要性を提言している。2002年『経理合理化プロジェクト(TM)』を発足。これまでの経理業務の改善実績をベースに、全国の企業に対して経理業務の合理化を提案。これに賛同した企業や会計事務所がぞくぞくと経理の合理化に着手し、成果をあげている。
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2005-10-01 (Sat)
経理のコストと作業時間は3分の1にできる!(1)
これまでの経理の常識を忘れましょう

 全国250万社のうち7割の会社が赤字だと言われています。このような状況にあって、直接利益を生み出さない、経理などの管理業務の効率化コストの削減は、経営者にとって大きな課題です。しかし、何から手をつければよいのかわからない、という声を良く耳にします。まず、経理の合理化を行うに際して、これまで行ってきた経理の常識を根本から疑ってみる必要があります。

 これまでの経理のやり方が間違っていたというわけではありません。IT化が進み、仕事の道具は昔のソロバンからパソコンへと変わりました。それにもかかわらず、まだ江戸時代のような経理方法を行っている会社がたくさんあります。

 そして、ドッグ・イヤーと言われているように、1年間の物事の変化は7年分の速さで変化しています。経営にもスピード化が求められ、変化に対応できた会社だけが生き残れる厳しい時代なのです。つまり、経理も時代に合わせたやり方に変えていく必要に迫られているということです。

 現在の経理の仕事は8割が同じ作業を繰り返すルーチン作業です。これまで常識だと思っていたやり方を変えることで、ルーチン作業はパートでもできて、さらに現在の3分の1以下の時間で済ませることが可能になります。

 まず、経理の合理化を行うにあたって、3つの経理の常識を変えることが必要です。

(1)立替経費の小口現金による精算
(2)伝票・帳簿を毎日つける
(3)簿記の知識のある経理社員は絶対に必要

という、これまでの常識を忘れてください。つまり、経理の合理化は「キャッシュレス」、「伝票レス」、「社員レス」の3つを推し進めることで成し遂げられるのです。
粗利益に占める費用の割合

固定費の半分以上は人件費。コスト削減を真剣に考えるなら、
まずは人件費の削減から考えるべき。

図は『キャッシュレス! 伝票レス! 社員レス! ココまでできる経理の合理化』
(児玉尚彦著/日本能率協会マネジメントセンター発行)より引用、以下同。

<<前の記事   10月の コラム リスト  
2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今までのコラム
経費・コスト削減カテゴリ
(UTF8)