TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
児玉尚彦
【職業】
(株)経理がよくなる 代表
【プロフィール】
1995年児玉税務会計事務所、1999年「(株)経理がよくなる」を設立。経理業務の改善で数々の成果実績をあげる。信用保証会社の審査委員を経験し、1000社以上の決算書を分析。勝ち残る会社と消えていく会社の違いを研究した結果から、キャッシュフロー経営の重要性を提言している。2002年『経理合理化プロジェクト(TM)』を発足。これまでの経理業務の改善実績をベースに、全国の企業に対して経理業務の合理化を提案。これに賛同した企業や会計事務所がぞくぞくと経理の合理化に着手し、成果をあげている。
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2005-10-01 (Sat)
経理のコストと作業時間は3分の1にできる!(2)
「キャッシュレス」、「伝票レス」、「社員レス」を行いましょう

 具体的に説明すると、(1)立替経費の小口現金による精算、は現在全体の8割の会社で行われています。「キャッシュレス」の目的は、現金を数えたり、現金出納帳をつけたり、という金庫番的な仕事から経理担当者を解放することにあります。

 また、社員の経費精算は月に1回にし、立替経費精算は給料と一緒に銀行振込で行ってください。この方法で、経理事務コストの削減だけでなく、社員の無駄な経費も減ります。

 それに合わせて、取引業者への振込みも月一回にまとめましょう。そして、メインバンクを一本化し、代金の回収と支払いを一ヵ所に集中させましょう。また、これらの作業をネットバンキングを利用して行えば、銀行の窓口への行き来の時間や待ち時間も解消されます。

 次に、(2)伝票・帳簿を毎日つける、という作業ですが、これは本当に必要でしょうか? 伝票や帳簿をつけるということは、取引を記録するということです。

 取引がどこかに記録されていれば、その時点で記録する必要はありません。その都度、記録しておかなければいけないのは、現金の出し入れだけです。つまり、小口現金による経費精算がなくなれば、毎日行わなければならない経理作業はなくなり、「伝票レス」が可能になります。そして、経理作業は経費精算日や支払日にまとめてやることで作業効率も向上します。

 最後に、(3)簿記の知識のある経理社員は絶対に必要、という考えがありますが、この問題はパソコンに会計ソフトを導入にすることにより解決できます。

 しかし、会計ソフトにより作業自体は楽になったものの、月次試算表の完成が10日早くなったとか残業時間が50%削減できたといった数値的な改善がほとんど見られない、というのが実情のようです。

 ただ会計ソフトを導入するだけではいけません。素人でも使えるように、専門家がセットアップすることが必要なのです。特別な会計ソフトや高額なシステムを導入する必要はなく、一般的な会計ソフトで十分です。しっかりとしたセットアップさえ行えば、伝票や帳簿の整理は、パートでもできる単純作業になり、「社員レス」が実現されるのです。

まずは 3つの常識を捨てるところから始めたい。

まずは 3つの常識を捨てるところから始めたい。

<<前の記事   10月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今までのコラム
経費・コスト削減カテゴリ
(UTF8)