TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
Masashi Sasaki
【職業】
(株)インフォランス 代表取締役
【プロフィール】
1968年福島県で生まれる。大学で上京後、大手都市銀行の保険代理店部門に勤める。その後に独立して(株)インフォランスを設立。現在では、経営の側面支援を幅広く支援する。 数ある提案手法の中で、特に強みとしているものは、法人の節税手法の提案。その中でも保険商品の使い方には高度なノウハウを所持している。その効果の高い手法は高い評価を得ており、全国からコンサルティングの依頼が絶えない。 また、全国に約1400名の税理士と提携をして、優秀な税理士を探している企業に対して、最適な税理士を無料で紹介するサービスプロマーケットを展開しており、非常に好評を得ている。 税務の専門家である税理士との提携による、経営の側面支援は非常に心強い。
【趣味】
資産運用 / 会社経営
【血液型】
O
【性別】
男性
【住所】
東京都 港区
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2011-01-31 (Mon)
ガン(がん)保険の良さ
決算末の節税対策には保険が活用されることが多くありますが、逓増定期保険が1/2損金計上扱いとなってから、活用されることが多くなったのが、ガン(がん)保険です。
活用方法としては、保険料を支払い、それが全額損金で落とせて、役員退職金・従業員退職金として簿外に含み資産を積み立てていくというのが、一般的な使い方となります。


ガン(がん)保険という保険商品は、保険料が全額損金に算入されます。
よって、1/2損金の保険と違って、会社のキャッシュフローを痛めることなく使うことができます。
例えば、決算ギリギリで様々な買い物や、経費処理をしたあとに利益が500万円残ってしまっているとします。ここで、圧縮したい利益分のガン(がん)保険(500万円)に加入すれば、きれいに利益を圧縮することができます。
半分損金の商品と違い、支払った保険料がそのまま損金として利益が圧縮できるのが全額損金の保険商品の魅力です。


ガン(がん)保険に加入後、将来、社長に万が一の事故が起こってしまった場合には、保障でリスクがカバーされますし、将来、大きな取引先が倒産して、売掛金が回収できなかった場合などは簿外に貯めておいた保険の解約返戻金(=含み資産)でその損失を補うことができます。
こうして節税と万が一に備えての保障を両立することができます。


逓増定期保険は数年後のピークに向けて、解約返戻率が上昇していき、ピークをむかえたあとは解約返戻率は下降していきます。
一方で、ガン(がん)保険の解約返戻率は逓増定期保険とは異なり、年を重ねるごとに丘のようにゆったりと解約返戻率が増加していきます。
将来にガン(がん)保険を解約した場合に、年数にもよりますが、かけた保険料総額の90%程度を受け取ることができます。
最近では、約95%の解約返戻率になる場合も多くあります。また、支払っている途中で保険料の払い込みをストップ(=払済)することもでき、払済の以降は、解約返戻率は年々上がっていくという素晴らしい使い方ができる保険会社の商品もあります。


また、生命保険には加入時に健康診断付きのもので、健康状態が良くないと保険が活用できないものでした。
経営者になると、それ相応に年齢が高くなりますので、体が不健康である場合が多いのが現状です。
その場合、保険が使えないケースが発生してしまい、節税(税金対策)計画が止まってしまいます。
ところが、加入時の健康診断が無い保険が存在致します。
それこそがガン(がん)保険なのです。保険料が全額損金で落とせて、しかも健康診断が要らないのです。


また、ほとんどのガン(がん)保険には契約者貸付という制度が付いています。
これは資金が入用になった場合、保険を有効に継続しながら資金を貸し出す制度で、貸付時の解約返戻金の範囲内で一定額(9割程)貸付を受けることができます。
現在の金利は、2.75〜3%ほどです。


経営の安定化にとって、非常に効果的なものが、がん保険であり、保険会社を複数選択し、組み合わせ、自社の経営計画に合わせた保険を選択することをお勧めします。
手厚い保障が付いているガン(がん)保険を退職金の一部として現物支給することや、この保険を担保に金融機関から融資を受けるといった活用方法もあります。




┏━━━━━━≪参考にできる法人保険の情報サイト≫━━■
┃★  節税対策の税理士
┃★  法人保険
┃★  逓増定期保険の一括見積もりサイト
┃★  がん保険の一括見積りサイト
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
<<前の記事   1月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2011年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今までのコラム
資金・税金カテゴリ
(UTF8)