TOP | 売上げアップ | 人材・社員・経営者 | 資金・税金 | 経費・コスト削減 | IT化・情報化 | 経営事業計画 | 技術・知的財産 | オフィス・店舗・設備 | 国際化・海外進出

プロフィール
【名前】
柿内幸夫
【職業】
改善コンサルタンツ(株) チーフコンサルタント
【プロフィール】
1974年東京工業大学工学部経営工学科卒業後、日産自動車に入社、横浜工場生産課配属、スタンフォード大学大学院IE学科卒業(MSIE、Engineer IE取得)、生産管理部、富士工場IE担当課長を経て1991年退社、現職に。
コラムカテゴリ
お気に入りリンク
2005-10-01 (Sat)
会社全体を劇的に変える現場改善の方法とは?(3)
製造ライン全体の流れを1つにし、“ダンゴ生産”からの脱却を

 今回は、製造現場の「整理・整頓」を具体的に紹介しましたが、その目的は会社全体の問題の見直しです。さまざまな部署の問題を浮き上がらせ、それを解決していくことで会社の中の歯車をひとつにすることが重要なのです。

 現在私の見ている限り、1人1人が努力しているのに、歯車がかみ合っていないいわゆる“ダンゴ生産”を行っている会社がたくさんあります。これは非常に勿体ないことですし、また中国など人件費の安い国に勝てないと思うのです。

 安く大量生産できるというもの作りよりも、顧客のニーズに合わせたもの作りをしていく必要があるのではないでしょうか。そのためには、個々のがんばりではなく、製造ライン全体の流れを1つにしなくてはいけません。その答えが製造現場には隠されているのです。

柿内氏の現場改善セミナーの様子


柿内氏の現場改善セミナーの様子。商品を梱包するまでのプロセスにおいて、どのような方法が最も効率的かを、「目からウロコ」のごとく体感できる。(提供:日本経営合理化協会)

<<前の記事   10月の すべて表示 リスト   次の記事>>
2005年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今までのコラム
オフィス・店舗・設備カテゴリ
(UTF8)